バックナンバー‎ > ‎16集1‎ > ‎

16集4

お伊勢様へ捧ぐ                   黄敏慧

日本人の心の故郷辿らんと日本の友らと伊勢路をゆきぬ

早朝のお伊勢参りに宇治橋を渡り内宮へと畏み進む

巨大なる神宮の杉朝霧と神の霊気に包まれてゆく

天照大御神にただ祈るのみ台日永久(とは)に兄弟なれと

ふたたびを参拝せんと玉砂利を踏むとき一つの小石に出逢ふ

玉砂利の中見出しつ緑なる小石は台湾の形そのもの

台湾の形の小石は神様の「台湾国建国」のメッセージと受く

神域の小石なれども台湾へお借りしたしと神にうかがふ

我が友は五円玉二つ手に握りうかがひ立つる台湾へ運ぶを

息を呑み開く手に二つの五円玉裏と面で「よし」と出でたり

建国の励ましとしてこの小石満願の日にはお返しするを誓ふ

お伊勢様祀る神棚に小石供へ日日祈りをり台日の安泰

 

 

 

都会公園と奇美博物館                 蔡紅玉

空に向ひ真直ぐに伸びゆく欖仁樹アフリカの品種台湾に根付く

落葉の細葉欖仁樹春まだきひけらかす如一斉に芽吹く

四方から吹き来る秋風公園は曾つては果てなき甘蔗の叢林

姿消す甘蔗畑には童年の思ひ出の深く沁み込みてゐし

糖業の四十甲歩の寄贈より甘蔗畑は公園に変身

ベンチの人駆け回る子等公園に人は憩ひと開放を求む

公園の入り口に立てば欖仁樹を通して見ゆる新博物館

燦然と西日を浴びて輝きゐる新博物館は奇美許氏の夢

欧州の王宮とまがふ博物館圧倒さるるゴシック風の偉容

わくわくと誇りを持ちて見つむるは芸術の殿堂奇美博物館

芸術に福祉事業に許文龍氏常に謙譲と愛の笑顔にて

名を馳する実業界の巨頭許氏無数の貢献永遠に名を留む

 

 

 

我が祖国台湾                    蔡永興

山々の囲む京都の様に似て台湾の都永久に雄々しく

大屯の山を左にその奥の七星山の抜きん出てあり

牡丹坑黄金を出だす金瓜石宝の山は連なりてあり

新埔には蜜柑ざぼん斗南なり北埔椎茸(キノコ)と台湾豊か

日月潭蓬莱山もものならず緑陰清し鳥歌ひ舞ふ

林内を過ぎて車窓に現るる帝名づけし新高の山

阿里山を奥に眺むる森林のうち交はす枝に昼なほ暗し

いにしへのオランダ人の築きたる赤崁楼を誰護りける

そのかみをしのびまつるもかしこしや北白川のここにみまかる

楓港の海辺の道を辿りゆく波は激して大岩を噛む

恒春の名に恥じぬ街暖かし胡蝶蘭の花巷を飾る

海峡を隔てルソンは向かふなり台湾の果て鵝鑾鼻岬

 

 

 

秋の便り                       蔡佩香

酷暑去り涼風そよぐ爽やかな秋の気配の近づく候に

田舎道ドライブすれば秋風に金色の稲穂たわわに揺るる

休日に(こ)と車駆り翡翠湾へ秋の訪れ喜び迎ふ

「飛行傘」青空を飛び白きヨットの深緑の海翡翠湾を行く

海の辺のレストランにて美食食み海の美景も満喫したる

秋日より娘の一家と楽しめる回転鮨の色とりどりを

中秋節隣家の庭ゆかぐはしきバーベキューの香漂ひてくる

秋の日に動物園へ数々の珍獣奇鳥と顔合せする

国宝の丹頂鶴と初対面其の名に負はず極く優美なる

河馬どちの保育園にて驚嘆す其の体格の大きさ重さ

バイブルに最も多福者は常々に感謝を持ちて生くる人とふ

美しき心の有らば目に映る総ての物皆美しと言ふ

 

 

 

此の一戦                       蔡焜燦

独裁の外道の国に傾きし馬を葬るは今ぞ同胞

同胞よこの一戦我が敵はそら言満つる唐の人々

公の心無き民唐国の支援に抗ふ此度のいくさ

唐人の甘き口先に乗る勿れ七十年の越し方忘るな

白色のテロの悲しみ忍び来し蓬莱のはらから強く立つべし

此の一戦謊言ほざく唐人と我等芋つ子血縁のなし

人と人天下分け目のたたかひに堅き絆で結び勝ち取れ

同胞よ祖国を護るこの心決起(た)ちて示せよ世界の国に

此の一戦勝つべきものぞわが国の浮沈にかかる正義の戦

此の一戦己を捨てて戦ふは芋つ子達の誇りなるべし

絆とふ言の葉唱へ国人は此度の戦闘ひ来たり

老兵は不惜身命若人よ我等につづけよ戦ひぬけよ

 

 

 

神様のなされし御業                  謝白雲

嵐の日結婚式に参加して二人の門出を寿ぎ祝ふ

式場に行き着く迄をひたすらに烈しき雨風耐へ忍び行く

山の上の教会にての結婚式嵐の為に停電となり

新郎は台湾青年画家なりて新婦は我等の日本人牧師

我々のみどり牧師は親切で骨身惜しまず尽くせるタイプ

結ばれし二人の縁神様のなされし御業と思はせらるる

キャンドルの燈りを灯し新婦今入場すなり厳かにして

神様の祝福受けたる結婚式集ふ者皆喜びに満つ

披露宴の花嫁姿美しく並み居る人の心の奮ふ

大勢の牧師宣教師の来客に海越えて来し友の数々

会場に讃美の歌声響くなり今日の此の日を祝へや祝へ

末長く仲睦まじく台湾の宣教の業に励みてたもれ

Comments