バックナンバー‎ > ‎15集1‎ > ‎

15集4

吾が生涯                      蔡永興

戦争のさなかの我は小学生物資なくとも人情あつし

占領軍の支那兵実は無法者中学生のそのころのこと

大学に弱き英語を専攻すまるでボタンを掛け違ふごと

「竹腰」に入社叶へる幸運に夢中に学び働きし日々

成績の群抜き伸ぶる部下を見て辞めゆく時を自づと知りぬ

半世紀過ぎて社会に尽くし得るこれも仏の御加護にありや

末孫は早大生に初孫は博士課程と幸満ち溢る

グレてゐし子が知らぬ間に名門のトップとなれり神の御加護か

祖父母らが親の手を焼く孫連れて浅草原宿買ひ物廻り

ひと本の桜我が家に春呼べど厳しき夏もまた近づけり

一本の桜といへど春の夢希望もたらし赤く燃え立つ

木々の芽のふくらみたれど肌寒き長雨またも冬呼び戻す

 

 

 

鳳凰花を謳ふ                     蔡紅玉

紅はたぎる血潮のしるしにてあやしく心をかきみだす色

鳳凰は華麗な鳥と伝えらるその名を借りしや鳳凰花と言ふ

初恋は初夏の鳳凰花に煽られて心もそぞろくれなゐに染む

心待つ花の季節に必ずやあとを跟け来る篠をつく雨

どしゃぶりにくれなゐの花散り敷きて破れし恋のかけらの如し

幼き日無邪気に拾ひし紅色の地に落ちし花弁はほほづき代り

滑り台の水溜りに落ちバッシャンと泥水浴びしも楽しかりけり

どっしりと幹の太きに鬱蒼と鳳凰木は風雨にめげず

逞しき木に咲く華麗な鳳凰花桜と異なる風格見する

「来年も又ね鳳凰花」とひとりごち散りし花花に別れを告ぐる

雨を待つダムと木々にも憂ひあらむ水の枯渇に起こる恐惶

赤く染むる四月の楓に驚けり冬は根元に氷を溜めしと

 

 

 

大和の誇り                    蔡焜燦

地震(なゐ)と津波の画面を眺めつつ電話すれども消息のなし

意志を持つ生き物の如大津波如何で罪なき人を襲ふや

み仏よみちのく襲ふ天災の市井の人々救ひたまへや

日の本の若き防人健気にも原発修復に命厭はず

はらからを救ふ防人逞しくそれを励ます大和なでしこ

オペレーショントモダチと名付け戦へるアメリカ兵の雄々しき姿

定年の老人志願し原発の救助に赴くかくも気高き

地震津波救済に励む自衛隊君らの誠は大和の誇り

自衛隊かく闘へりと胸を張る君らの先輩誇らかにして

災民に言葉を賜ふ大帝(おほみかど)日の本の民幸せなるかな

ご巡幸災民の手をとり慰むる国父国母のやさしき御顔

日の本の被災の友どちこの我も君らと共に春や忘れじ

 

 

 

東日本大震災     蔡佩香

震災と津波核災に福島と岩手宮城は煉獄と化す

災難に面すれど尚も自律する大和の民の誇りの高さ

被災地より安全地区へ撤退する車続くもラッパの音は無く

物資欠く避難所にても謙譲しあふ日本の民の崇高さかな

被災地の留学生の台北での涙の募金に皆涙する

他国より緊急支援義援金人力物資が続々と着く

命懸け福島原発救助する英雄達は絶賛浴ぶる

国の為英雄達は現代の決死隊として献身するなり

被災地の仮設住宅等の施設短期間内に完成願ふ

被災地の一日も早き復興の出来るやうにと神に祈らむ

核災が世界の為に早急に治まるやうにと切に祈るなり

両陛下避難所多所を廻られて被災地の民を御慰問なさる

 

 

 

津波                      佐藤厚子

東洋に誇る漁港を一瞬に呑みたる津波誰をか恨む

大漁旗かかげて入る漁船なく瓦礫に止まり鳴く浜千鳥

被災者の語る言葉がなつかしきお国訛であるを悲しむ

黙祷して遺体を処理する隊員が吾娘なるならばと痛み嘆かふ

復興を果すと断言する社長社員と共に涙の誓ひ

惨状が映るニュースの一瞬に三陸鴎の一羽が横切る

九と云ふ数字を忌みて米寿より卒寿となれる齢賜る

高令と云へど一人で生きてゐる自身と誇りは吾だけのもの

木割り箸舐めつつ思ふ姥捨ての山には山の生き方もあり

バイクにて狭まる側に身を寄せて道をゆづられ終日温し

社会科と名乗る人より電話あり細ごま問はれほどほど答へり

四季通し黄菊を咲かす人が居て散歩のコース自づと決る

 

 

 

花の博覧会                   謝白雲

台湾にて始めてのイベント博覧会世界に向けて客をば誘ふ

大がかりな準備のもとに二千十年十一月に開幕となる

花博の花火が夜空を彩りて大稲埕埠頭は人で賑はふ

空高く爽やかな秋会場へ家族と共に出向き行きたり

見物客何より人気の争艶館に長蛇の列をなして待ち居る

大輪の白胡蝶蘭高貴なる香り放ちて人を酔はしむ

如何にしてこの景観を生みしかと花に近づきまじまじと見る

一茎に蘭の花二十も鈴なりに見事に咲きて目を見張るなり

小学生カメラを持ちてパチパチと自由自在に撮影しをり

大陸の旅行客らが目立ち居て一人一台カメラを肩に

会場は家の附近にて便利よく幾度となく出向きて行きぬ

半年の花博終はりに近づきて花の宴は今盛りなり

 

Comments